株式会社アディックス

名古屋の広告企画運営会社

ヘッダ

HOME ≫ よくあるご質問 ≫

よくあるご質問

Q1 データ放送の浸透率はどのくらいですか?

デジタル放送視聴可能地域が8割。視聴可能機器普及率が6割と、年々広がっており、
2011年に控えた完全デジタル化に向けて、コンテンツの普及が進むことで、データ放送の浸透率も大きく上がってゆくことが期待できます。

インターネット回線をテレビを接続する割合も同様に、年々上昇しており、今後はコンテンツの普及が主体となっていくでしょう。

 

Q2 データ放送の視聴率はわかりますか?

現在はデータ放送の視聴率を集計しているサービスがないため、データ放送の視聴率を知ることはできません。

しかしデジタル完全移行が開始される2011年に以降には、ワンセグ放送の視聴率調査委と同様に、データ放送の視聴率調査も開始されるだろうと言われてい ます。


Q3 アクトビラとの違いはなんですか?

アクトビラは放送局主体で運営されていないため、アクトビラ視聴中は同時に局側映像を見ることができず、
番組の視聴率に貢献することがありません。

そのため、よりスポンサー離れや、広告費の削減が進行していくとされており、
放送局にはアクトビラに対抗するだけの、より高い水準でのサービス提供が求められています。



Q4 L字放送との違いはなんですか?

緊急放送、スポーツ中継などで使用されているL字放送には双方向性がありません。

それに比べデータ放送では、放送に双方向性を持たせることが可能で、
視聴者参加型の番組や、ゲーム、さらには投票、決済などの、より視聴者に合わせたサービスを提供することができます。



Q5 パソコン・モバイル用とのコンテンツ連動は可能か?

はい、可能です。

当社CMS(コンテンツマネジメントシステム)では、RSS、各種DBなどでのコンテンツ収集が可能であり、
現在、放送局様が運営されているWebページなどとのコンテンツ連動が可能です(ワンソース・マルチユース)。



Q6 放送帯域だけで、視聴者参加型番組は作れますか?

はい、可能です。
放送帯域だけでも、ゲームや視聴者ポイント累積型コンテンツの放送をすることができます。

ただし、予約・決済サービスなどの双方向性が必要なコンテンツは、インターネット側に限り放送可能です。

モバイルサイト

株式会社アディックススマホサイトQRコード

株式会社アディックスモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!